ゴルフで飛距離アップさせるには

ドライバーと飛距離

ゴルフボールをかっとばすゴルファーはかっこいいですよね。

趣味はゴルフというのなら飛距離にも自信を持てるようになりたいですね。 ドライバーでフルスイングをして見えなくなるほど遠くにボールを飛ばす、これは ゴルファーなら誰でも憧れる姿でしょう。 プロであろうがアマチュアであろうが、始めたばかりで月に1回打ちっぱなしに通う まだ初心者の方でも、ドライバーの飛距離を伸ばしたいと常々考えています。 駅で傘を持ちスイングするサラリーマンの姿も頻繁に見かけますし、通勤途中でも ゴルフのことで頭が一杯の男性が日本のあちこちで傘を握り締めて、より遠くへボール を運ぶスイングフォームを手に入れようとしています。 そして筋力も飛距離に関係するので、スポーツジムに入会して最新フィットネスマシンで汗を流し、 背筋や足腰を鍛えるという涙ぐましい努力をする人もいます。

続きを見る

ホリデイスポーツクラブ長岡店
http://www.holiday-sc.jp/shops/042-nagaoka/
フィットネスマシンの利用をトレーナーがマンツーマンで指導。
ジムで汗をかいたら露天風呂やマッサージチェアでリラックス。
新潟県長岡市沖田1丁目56番 tel.0258-31-2400

環境で飛距離アップ

ゴルフで飛距離に影響を与える意外な伏兵、それは気温と気圧です。

ドライバーは手に馴染む最良の物を選んだ、では次にどうすれば飛距離のあるショット を編み出せるか考えてみましょう。 勢い良く飛んでいくボールをイメージすればわかりますが、ボールの初速と打ち出し角 が飛距離アップの鍵を握っていそうです。 細かな条件としては暖かい方が距離を稼げる、標高が高い場所の方がよく飛ぶといった ことはありますし無視できないほどの影響はありますが、どの方向にどれだけのスピード で打ち出すか、これでだいたいの飛距離は決まります。

続きを見る

初速と飛距離

ゴルフで飛距離アップの決め手になるのはボールの初速です。

大空に向かってグングン飛翔するゴルフボールは翼でも生えているんじゃないかと 錯覚しそうなくらい青空がお似合いです。 スイングと同時に足元から勢い良く発射される瞬間、プレイヤーの魂がボールに宿り 空中のお散歩へと出発するのですが活きの良さを表現したければ初速のあるショットを 真正面に打ち上げましょう。 飛距離をアップさせるには初速を上げるのが単純な方法ですが、どうすればより初速 のあるボールが打てるようになるのでしょうか。

続きを見る

ヘッドスピード

ヘッドスピードはスイングの速さで速いほどボールにパワーをぶつけられます。

ゴルフで飛距離アップさせるには道具のドライバーの素材と重量、テクニックの ミート率、そしてパワーのヘッドスピードが関係します。 ヘッドスピードはグリップスピードとシャフトの長さ・硬度などで決まります。 グリップスピードは腕を振る速度、上半身との捻転差などを駆使して速度をあげますが、 その具体的な方法は雑誌の特集やレッスン用のビデオでも紹介されているのでそちらを ご覧になって下さればおおいに参考になるでしょう。 シャフトについてですが、これは長くてしなるほど柔らかい方が飛距離アップします。 硬度があるほうがガツンとぶつけて飛ばせそうなイメージがありますが、どうして逆の 柔らかい方が飛ばせるのでしょうか。

続きを見る